制限とケア

野菜と根菜

体内の老廃物を排泄する機能が低下する腎臓病は、食事療法が必要になります。たんぱく質やナトリウムを過剰に摂取すると老廃物を体内に溜まり、尿毒症や腎不全に至る可能性があります。腎臓に負担を掛けないために必要最低限の摂取量で管理していきましょう。

サービスを使う

パプリカ

腎臓病の人のための食事療法は、毎日続けるとなると大変です。宅配サービスを利用することにより、毎日のメニューに悩まされることもなく、快適に過ごすことが出来るようになります。業者により、価格やサービス内容は異なるため、あらかじめ確認しましょう。

管理すること

質素な和食

腎臓の機能は食事ととても重要な働きを行なっており、大切にしないと後から後悔してしまう可能性があります。もしも腎臓病になった場合には医師の指示通りに食事療法を実行しましょう。

食事療法

腎臓病について

ファイルと女医

腎臓病になると血尿やむくみ、高血圧、蛋白尿などの症状が見られるようになります。腎臓病は自覚症状がないまま進行します。そして、一度なると治すのがだんだんと難しくなっていきます。慢性になると治りません。自覚症状がほとんどなく進行するため、透析が必要になってしまってから気づくのでは遅すぎてしまいます。 腎臓の機能低下が起こると、尿の凝縮を行うことができなくなって尿の量が増えてきます。さらに病気が進行すると、今度は尿自体をつくることができなくなるため、だんだん尿量がが減っていきます。腎臓の機能が完全に損なわれてしまうと尿が全くつくられなくなってしまい、尿が出なくなってしまいます。こうなると透析が必要になります。

機能が低下した腎臓をいたわって、腎臓の機能がこれ以上悪くならないように保護するために食事療法が行われます。食事療法は腎臓病の症状によって異なりますが、エネルギーを十分に取りながら塩分やたんぱく質をひかえ、場合により水分の制限などを行います。 例えば、タンパク質を摂取すると老廃物が出ます。この老廃物を排泄するのが腎臓であるため、タンパク質をとると腎臓に負担がかかります。とはいえ、タンパク質は生命維持に不可欠ですので、良質のタンパク質を適量にとることで食事療法を行っていきます。塩分も腎臓から排泄されますので、摂りすぎは腎臓に負担をかけます。 腎臓病にはさまざまな種類があります。腎臓病の種類に応じ、適切な食事療法を行うことが大切です。

オススメリンク

糖尿病講座 流れて良くなる.com

糖尿病の前兆を知っておくことができれば予防を行なうことができるでしょう。詳細について調べておきたいならコチラにアクセス!

食事療法で腎臓病を治す|サービスの利用などのポイント
Copyright(c) 2015 食事療法で腎臓病を治す|サービスの利用などのポイント . All Rights Reserved.