制限とケア

野菜と根菜

腎臓病は、腎臓の機能が低下することで体内に老廃物が溜まる病気です。体内に摂取された栄養分は腎臓によって分解され、尿素や窒素などの老廃物を排泄します。この機能が滞る腎臓病は、尿毒症を発症させたり、程度によっては腎不全に至り、人工透析が必要になります。腎臓の機能低下が認められる場合には、人工透析に至る前に食事療法が大切です。食事療法は腎臓が老廃物を排泄できにくくなるために、過剰な栄養素の摂取を制限していきます。なるべく老廃物が体内にとどまることのないように専門医と相談しながらメニュー作りをしていきます。必要な栄養素まで制限してしまうと、違う病気を併発することがあります。体質や体重によって摂取内容も異なるため、マンツーマンの対応が必要です。

腎臓病の食事療法のひとつに、たんぱく質の摂取制限があります。たんぱく質は老廃物の排泄量が多く、腎臓に負担を掛けてしまいます。しかし、たんぱく質の全てを制限してしまうと、人にとって必要な栄養素が不足してしまいます。肉や魚、卵などのたんぱく質は一日に必要な量の半分を摂取するのが一般的です。また、エネルギー量はしっかりと摂取しなくてはいけません。カロリーが不足すると、体内にあるたんぱく質が破壊され、老廃物が溜まっていきます。不足した分は糖や脂肪分で補いましょう。腎機能が低下するとナトリウムの排泄もしにくくなります。そのため血圧が上がったり、むくみが起きることがあります。塩分は抑えながら、味付けを工夫した食事療法が大切です。腎臓病は末長く付き合っていかなくてはなりません。精神的なケアも忘れずに行いましょう。